May 2018
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Amazon ウィジェット






楽天ウィジェット

潮汐表

5月18~20日の戸隠

例年と同じ時期に行きましたが、今年は暖かくなるのが早かったため、ミズバショウもほとんど見られず、少し遅かったような感じでした。

Img_7302 Img_7475

■コルリ

Img_4411 Img_3599 Img_3771 Img_3856 Img_4308 Img_6664 Img_6915 Img_3806 Img_6959 Img_7024

■キビタキ

Img_5160 Img_5850 Img_3010 Img_6021

■コサメビタキ

Img_5185

■カッコウ

Img_6232

■サンショウクイ

Img_2989

■ノジコ

Img_3135 Img_5065 Img_5239 Img_5609

■フクロウ

Img_7307 Img_7440

■クロジ

Img_6584 Img_4076 Img_4229

■アオジ

Img_3358

■アカハラ

Img_6440 Img_3479 Img_7260

■ゴジュウカラ

Img_2736 Img_4786 Img_7262

■キバシリ

Img_6000 Img_7227

■ミソサザイ

Img_2840 Img_4651 Img_4711

■オオアカゲラ

Img_7059

■アカゲラ

Img_4657

■コゲラ

Img_3518

クマに注意

今年も戸隠でクマを見ました。

もみの木園地のそばで、子供のツキノワグマでした。

人間に慣れているようで、人間を見ても、逃げません。

Img_2759 Img_2770 Img_2775

5月12日の町屋川

■チュウシャクシギ

Img_2000 Img_2173

■クサシギ

Img_2520

■チュウサギ

Img_2350 Img_2259

■オオヨシキリ

Img_1938

■ヒバリ

Img_2120

5月11日の愛西市

■トウネン

Img_1595 Img_1885

■タカブシギ

Img_1641 Img_1766

■アマサギ

Img_1907

5月5日の町屋川

■コムクドリ

Img_0924 Img_0981 Img_1131 Img_1186 Img_1205 Img_1239 Img_1250 Img_1332

■オオヨシキリ

Img_1096

■クサシギ

Img_1494

■ヒバリ

Img_1472

5月4日の町屋川

オオヨシキリがあちらこちらで鳴き、ツバメが多く飛んでいます。

■コムクドリ

Img_0837 Img_0876 Img_0913

■オオヨシキリ

Img_0752

■ケリ

Img_0553 Img_0718

時々しゃがみこんで足で土を掘るような仕草を何度か見せました。産卵場所を作っているのかもしれませんが、それほど熱心ではなく、1分もしないうちに、また歩き始めます。

Img_0562 Img_0574 Img_0603

■コチドリ

Img_0334

4月29日の敦賀遠征2日目

水晶浜へ行くバスの時刻が、7時40分。少しだけ時間があるので、ダメ元でヒレンジャクを探しに行きました。

前日見た場所にはいませんでしたが、付近を探していると、松の木から声が聞こえます。ネグラにしていたようです。

しばらくして、声が聞こえなくなりました。その後、予定の終了時刻が近づいたころになって、ようやく見つけることができました。

■ヒレンジャク

Img_9432 Img_9425

Img_9473 Img_9538 Img_9544 Img_9583 Img_9600 Img_9608 Img_9703 Img_9723 Img_9751 Img_9754 Img_9770 Img_9850

いよいよ今回の目的の水晶浜へ。バスで40分ほどかかります。

Img_0314

一番の目的の海鳥は、少ないながらも、なんとか見ることができましたが、1時間もしないうちに遠くに移動してしまいました。帰りのバスまで、時間を持て余したため、菅浜まで歩いて戻りましたが、それでも2時間以上の待ち時間。さらに戻ることもできたのですが、バス停の場所がわからないと困るので、菅浜に留まりました。

■オオハム?

Img_0160 Img_0180 Img_0231 Img_0286

■ノビタキ

Img_0320

今回の遠征は、予想外のヒレンジャクという幸運を除けば、収穫が少なく、反省点の多い遠征でした。

  • 時期:今年は、暖かくなるのが早かったので、遅すぎたかもしれません。日程は、1カ月以上前に決めたので、仕方ありませんが。
  • 行程:水晶浜に泊まり、2日目早朝から鳥見、9時30分のバスで帰ってはどうか。
  • 交通:事前に確認しなかったのですが、敦賀の高速バス乗降場所は、敦賀駅ではなく、敦賀インターでした。バスを降りてから、駅までどうやって行くのに困りました(最後は、今回はスマホに救われました)。

4月28日の敦賀遠征1日目

1泊2日で敦賀へ。目的は、水晶浜で海鳥を見ることですが、バスの本数が少なくて、どうしても1泊2日になってしまいます。

高速バスで敦賀へ向かい、駅前で借りたレンタサイクルで「福井の探鳥地100」で紹介されていた中池見湿地へ向かいました。

記事ではよくわからなかったのですが、考えていた以上に大きな湿地でした。

Img_9065

1周するのに30分以上かかりましたが、鳥の方は、さっぱり。ところどころでキビタキの声は聞きましたが、ほかは、サギの仲間やカルガモやコガモ、アオジなどしか見つけることができませんでした。結局、3周しましたが、ほとんど鳥果がなく、歩き疲れてしまいました。

Img_9067 Img_9078 Img_9086

駅の方へ戻り、遅い昼食の後は、鳥を見ることを諦めて、観光をすることにしました。

ところが、最初に行った場所で、10羽ほどの、イカルと思われる鳥が少し離れた木の中へ飛び込むのが見え、「○○のイカル」ならば、ブログの材料になるかと考え、念のために撮影しようと探してみることにしました。

目的の木の近くに行ったものの、鳥の姿は見つけられず、「ヒー、ヒー」という鳴き声が聞こえるだけ。「聞き覚えのある鳴き声だが、イカルの声とは違うようだ」と考えているうちに「ヒレンジャクの声であることに思い当たりました。

ヒレンジャクと分かったので、一生懸命探し、なんとか見ることができました。

■ヒレンジャク

サクラ?の実(まだ緑色のサクランボ?)を食べていたようです。

Img_9400Img_9152 Img_9215 Img_9325 Img_9368 Img_9390

■コムクドリ

ヒレンジャクと一緒にいました。

Img_9163 Img_9252

4月22日の愛西市

午前中は、気持ち良く歩けました。

■タカブシギ

Img_9031 Img_8735 Img_8754 Img_8795 Img_8806 Img_8845 Img_8862

■クサシギ

Img_8914

■タシギ

Img_8952 Img_8675 Img_8711

4月21日の町屋川

田植えが始まり、オオヨシキリが鳴き始めました。

■ムナグロ

Img_8524 Img_8483 Img_8503 Img_8548 Img_8590 Img_8614 Img_8636 Img_8661

■オオヨシキリ

Img_8432

«4月20日の養老